忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時代だ

実際にW杯1次GL敗退や予選敗退が続いていたので、とうとうイタリアサッカ
ー協会は外国人選手との新規契約を禁止し、これは1970年代を通して続くこと
となる。ユベントスの1970年代は第三期の黄金期にあたり、国内で着実にNo.1の
地位を固めていった時代だといえよう。ベッテガ、ゾフ、シレア、ジャンティーレ
、タルデッリ、ガウジオら多くのイタリア代表選手を有し、国内リーグ優勝5回、
国内カップ優勝1回、そしてクラブ初の国際タイトルとなったUEFAカップでも優勝
を成し遂げている。1968年からチームに加わり1973年まで所属したドイツ代表ヘ
ルムート・ハーラーや、すでにイタリア国籍を取得していたブラジル人FWアルタ
フィーニら一部の例外を除いて、当時のユベントスは全てイタリア人選手で構成
されていた。ライバルチームも同様であり、代表選手の多いユベントスが国内タ
イトルを独占したのはある意味で必然だったといえるかもしれない。



Lump of affection Nitro Burst ai ta 心 リフレッシュしよう!! Rush トキノナミダ
PR

得られ

この時期も、国内だと1950年代にスウェーデンの「グレ・ノ・リ」トリオ、19
60年代にジャンニ・リベラやアルタフィーニ(70年代にはユベントスにも加入)
らを擁したACミランや、1960年代にルイス・スアレス、サンドロ・マッツォーラ
、ファケッティらにより絶頂期にあったインテル・ミラノといった強力なライバ
ルが存在したため、1930年代ほどのタイトルは得られていない。ディステファノ
のレアル・マドリードやクバラのバルセロナが席巻していた欧州カップも同様で
ある


北朝鮮の人工芝 岡崎は警戒 磐田・柳下監督が今季で退任 C・ロナにメッシコールの洗礼 オレ流「あいつらのおかげ」 アーネストリー大外枠に困惑 狩野舞子、腰痛でW杯離脱か 清武代表、会見通り業務再開 高橋由 1億8千万円ダウン更改 稀勢、恩師の遺影に涙の誓い ゴルフ松山のプロ転向はいつ

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

(03/21)
(03/21)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(03/21)
(03/21)

P R